2015年12月15日

今回もアラジンシリーズ15を分解清掃です

今回もお友達のアラジンシリーズ15をメンテナンスしました
10年前に骨董屋で購入したらしいのですが、今までメンテナンス
らしい事をしてないとのお話しで縁あって我が家に来ました^^

先ず、驚いたのは、この状態で火を着けていた事ですね〜
芯は現行の物が装着され、分解して行くと炎上した形跡がありました
このまま使い続けていたら大変危険だったと思います・・・

我が家に来た状態・・・
DSCN4687.JPG

パッカーンってすると惨状が・・・・
DSCN4690.JPG

バーナー部分も煤が固着しています
DSCN4691.JPG

チムニー内部も錆だらけですね
DSCN4692.JPG

チムニーを外すと、凄い量のゴミが・・・
DSCN4695.JPG

これが問題の芯・・非常に危険です
DSCN4697.JPG

もちろん燃料ゲージは見えません
DSCN4699.JPG

タンク裏側は炎上の痕跡が・・・
DSCN4702.JPG

テールフィンを外すと真っ黒です
DSCN4704.JPG

さて・・どうしたものか^^ 分解して洗うしかないですよね・・
思った以上に時間が掛かりましたが、何とか組み込める状態になりました
DSCN4707.JPG

チムニーも決定的なダメージはありません
DSCN4708.JPG

マイカを新品に交換!
DSCN4709.JPG

装着すると、ウインドーフレームの焼け具合も綺麗に見えて来ます^^
しかし本来全面に来る側のネジ穴がダメで、1本をプラスネジに変更・・・
DSCN4710.JPG

フレームも洗浄後にネバダルで磨きます
DSCN4711.JPG

ギャラリの汚れも酷かったですが、ここまで綺麗になりました
DSCN4712.JPG

この部分には空気を取り組む無数の穴がありますので、燃焼に影響します
DSCN4713.JPG

フレームに組み込み・・ギャラリを落として
DSCN4715.JPG

組んだチムニーをセット!今回は自分の判断で、ネジが綺麗に揃ってる
裏側を前側にセットしました・・・
DSCN4716.JPG

ボイリングリングも磨いて
DSCN4717.JPG

フレームにセットします
DSCN4718.JPG

次はタンク^^ 凄い汚れでした・・・
DSCN4719.JPG

もう古い灯油の匂いもしません!
DSCN4720.JPG

燃料ゲージも綺麗に洗浄!
DSCN4721.JPG

これなら残量が分かりますね〜〜
DSCN4724.JPG

そして芯もシリーズ15用の物を新品でセット!
DSCN4725.JPG

このボタンにガイドを入れます
DSCN4726.JPG

バーナーバスケット部分も大切な部品です
DSCN4727.JPG

フレームスプレッダにも無数の穴がありますので、綺麗にしないとダメです
DSCN4728.JPG

こんな感じに輝いていれば、綺麗なブルーフレームになります
DSCN4730.JPG

タンクの裏側も組んでしまえば見えませんが綺麗し洗浄!
DSCN4731.JPG

テールフィンも洗浄!
DSCN4732.JPG

そして差し込んで・・
DSCN4734.JPG

フレームにセットします
DSCN4735.JPG

トップカバーを付ければ
DSCN4736.JPG

完成ですね〜〜生まれ変わった感じがします
DSCN4737.JPG

DSCN4738.JPG

DSCN4739.JPG

DSCN4740.JPG

パッカーンってすると眩しい^^
DSCN4741.JPG

綺麗なブルーフレームが出ています
DSCN4754.JPG

今回は貴重なシリーズ15だったので、依頼を受けましたが
他のシリーズだったら、ちょっと躊躇いましたね〜〜^^
DSCN4755.JPG

これでオーナーさんも喜んでくれる思います
次回は我が家でくすぶってるトヨトミレインボーを綺麗にしますね!











posted by コットン at 19:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ストーブマニア★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする