2017年01月08日

ポッドジュニアストーブ分解清掃!

今回はスウェーデン製のポッドジュニアストーブです
縁合って我が家に辿り着いたストーブですが
前オーナーさんがマイカと芯を新品に交換していた為に
新たに使用する部品もなく、状態も悪くありませんでしたが
自分の手元に来たからには、分解清掃しちゃいます!

このストーブはジュニアと製品名に付くように
かなりコンパクトなストーブです・・・
あまり大きな部屋での使用は向きませんが
置いてあるだけで良い雰囲気になりますよ〜

先ずは分解して、各部を磨きます
DSCN9162.JPG

チムニーには本当に小さいので手の大きい自分には
メンテナンス作業がしづらいですね^^
DSCN9165.JPG

ギャラリ部分の磨きは基本です
DSCN9168.JPG

マイカは新品の状態^^
ネジは破損していたので、現行のネジを入れました
DSCN9166.JPG

アラジンとは違って内側からセットする感じです
DSCN9167.JPG

タンクも可愛らしいサイズ^^燃料も2リットル程度入るかな?
DSCN9169.JPG

バーナーバスケットも綺麗に磨くと燃焼に差が出ます
DSCN9170.JPG

芯は極細^^ このサイズは特殊ですよね
DSCN9171.JPG

芯カッターで上を揃えると綺麗に燃焼します
DSCN9172.JPG

スプレッダもこのサイズですからね〜
DSCN9173.JPG

ちょこんって乗せます
DSCN9175.JPG

セットしたチムニーをバーナーバスケットの溝に
合わせてセット後に少し回転させてロックします
DSCN9176.JPG

燃料ゲージはコルクで見た目は白で見やすいです
DSCN9177.JPG

本体はこんな感じです
DSCN9179.JPG

そこにセットした燃焼部分を置く感じ
DSCN9180.JPG

全面に取っ手付きのカバー! 上からスライドさせてロック
DSCN9181.JPG

サイド
DSCN9182.JPG

バック
DSCN9183.JPG

サイド
DSCN9184.JPG

トップ
DSCN9185.JPG

綺麗なブルーフレームが出ています
DSCN9190.JPG

燃焼方法は、チムニー部分を外した状態で
芯を出して点火後に素早く、チムニーをセット
その後に本体にセットの手順です
DSCN9191.JPG

カバーのスリットからブルーフレームが
チラリと見えるのも可愛いですね〜〜



posted by コットン at 23:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ストーブマニア★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする