2008年02月22日

千葉県房総半島1周ツーリング!

今日は本当は仕事だったのに・・明日は暖かいと聞いて、すぐ会社に電話・・明日なんだけど休んで良い??社長も即答で良いよ〜〜って・・
必要とさせれませんね〜〜自分(笑) そんでタイヤ交換も終わったし
妻のジャケットも購入したし、コレはツーリングに行くでしょ!!

PCで色々と調べて、千葉県の房総半島を1周するってナイスなアイデア! もちろん5時起きですよ〜〜(笑) さてさて妻と2人だけのツーリング・・どうなるかな??

出発は6時40分! 先ずは東関東自動車道〜〜習志野SAエリアを
目指します・・しかし朝に気温4度・・バイクで走ると全ての体温を奪われますね〜〜〜(極寒)

nmbvv 003.JPG

こんな時は食べて体温上げるでしょ??妻の頼んだ海老天うどんが
本当に美味しかったです!!

nmbvv 005.JPG

そして出発するが・・高速を走ると本当に寒い・・次は館山道市原SAで休憩&トイレ・・ちょっと妻もバイクに跨ってみました・・・
コレは可愛いね〜〜帰って来てPCの待ちうけにしました(アホ)

nmbvv 018.JPG

日差しも増して来て、少し暖かくなって来ました!!
コレから館山まで行くぜ〜〜って感じの馬鹿(笑)

nmbvv 027.JPG

館山道を木更津南で降りて・・127号を走ると富津岬の看板発見!
コレは、ちょっと行ってみるでしょ!!

nmbvv 037.JPG

後ろに見えるのが有名な富津岬の展望台!!もちろん面倒などで
登りませんでした(笑)

nmbvv 033.JPG

予定になかった富津岬に寄ったおかげで、ちょっと道に迷います・・
そんで山沿いを走ってるとダム湖を発見!ダム好きな自分ですから
ココも寄るでしょ!!

nmbvv 045.JPG

綺麗なダムでした・・もちろん妻には敵いませんが(笑)

nmbvv 042.JPG

さてさて・・何処にいるんだ??何せ地図持ってませんから・・
ま〜〜少し戻って看板見つけますか・・って事で時間をロスしながらも
401号線を走り続けます・・それでまた海岸線の道は誘惑がいっぱいです・・ちょっと休憩して降りてみました・・

nmbvv 055.JPG

房総は色々な海の表情があって楽しいですね〜〜

nmbvv 057.JPG

この401号線はフラワーロードと呼ばれてます・・・何処が?って
持ってると花を摘む所が色々とあるようです・・
それで、その通り沿いに野島崎灯台・・最近ニュースで良く聞くよね

nmbvv 067.JPG

房総は海がメインですから、干物屋さんもあります・・

nmbvv 070.JPG

場所によっては、凄い風も強いです・・・

nmbvv 073.JPG

最近の道の駅は豪華ですね〜〜必要か??
贅沢しすぎだろ〜〜と言いながら利用する2人・・

nmbvv 077.JPG

今度は128号線を走り続けると、鴨川シーワールドに到着です
えぇ・・到着しましたが、中には入りません・・(ケチ)

nmbvv 079.JPG

この時点で時刻が4時・・・勝浦から297号線を通り、また高速で
帰って来たのが7時30分・・12時間のツーリングって・・・
走行距離も340キロ走りました・・あ〜〜楽しかったと言いたい所ですが、まだ季節的に早かったね・・あ〜〜寒かったのツーリングとなりました・・次回は4月だな・・誰か一緒に行きませんか〜〜

nmbvv 065.JPG













posted by コットン at 22:11| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お休みを満喫って感じですね!
私は、怖くてバイクには乗れませんが、
今度、ドライブで行きたいな〜♪
これからお花の季節で
千葉は楽しみがいっぱいですよね。
Posted by マナミキ at 2008年02月23日 14:40
★マナミキちゃん
もう少し暖かいと楽しみにも増えると思いますよ〜〜バイク・・怖いですか?きっと考えてるより、安全な乗り物です・・今度、乗ってみますか??
Posted by コットン at 2008年02月24日 11:36
二人とも〜カッコいいじゃん!!
本格的だ!!
私のバイクに乗った姿はヘナチョコだよぉ
ツーリングは恥ずかしくて無理そ!
Posted by かじゅ at 2008年02月24日 21:17
かじゅさん♪
カッコいいでしょ!買ってもらっちゃった!
バイクは初心者・・・かっこは一人前(笑)
ちょっと気を抜くとメットがポカポカッてぶつかります・・・ヘタクソです・・・はい
Posted by MISA at 2008年02月26日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック