2017年01月31日

ゼファー400 テールランプとレバー交換

今回はゼファー400のクラッチレバーとフロントブレーキレバーの交換
そしてフロントブレーキのマスターシリンダー交換やテールランプの
取り付け位置を変更しました!!

フロントブレーキレバーの交換をしようと覗いていると
引きのアクセルワイヤーの調整部分が破損してる事が分かり
これも交換・・・自分でメンテナンス作業をすると思わぬ箇所の
ダメな部分が分かるようになり、面白いもんです・・・

先ずは以前の純正レバーを外しますが、この状態からだと
アクセルワイヤーの破損が見えませんね・・・
DSCN9293.JPG

下から覗くとこんな感じ・・アレ?
DSCN9301.JPG

完璧な破損状態^^これでも普通に走れていたのが怖いですね〜
DSCN9318.JPG

こうなるといつワイヤーを交換するのですが、それにはタンクを外す必要があります
DSCN9323.JPG

そして引きのワイヤーを交換^^ 戻りのワイヤーの箇所にドライバーを
差し込んで固定して、作業すれば簡単です
DSCN9322.JPG

ついでにフロントブレーキレバーの交換とマスターシリンダーも交換!
DSCN9400.JPG

こちら側はクラッチレバー
DSCN9296.JPG

BOXを外したり、配線を外したりと色々と面倒に思えますが
やってみると、大した時間も掛かりません^^
DSCN9297.JPG

そして前回から気になっていてヘッドライトも購入しました
BOXに配線の穴が2か所あるので、どの配線が、どちら側なのか
印をつけておくと後で分かりやすいです
DSCN9403.JPG

思った以上に配線って入り組んでます・・・
コネクターがある部分は良いのですがギボシ端子の部分は
番号をいれて、どれが何処に入るかチェックが必要です
DSCN9405.JPG

ちょっと雰囲気が変わり自分的には満足な仕上がりです
この色合いで車検対応ですよ^^
DSCN9410.JPG

そして以前から気になっていたテールランプの位置を変更
今までは簡単なステーで取り付けていました
DSCN9366.JPG

この位置だとカウルの中に入り込んでしまい見た目が悪いので
5pは後ろに出したいんですよね〜
DSCN9367.JPG

取りあえず外して、新しくアルミ板を購入して、デザイン通りにカット
その後は、折り曲げて何とか形になりました!
DSCN9370.JPG

横から見るとこんな感じです・・・ステーだけだと強度が不足して
走行中にグラグラしちゃうんですよね^^
DSCN9374.JPG

アルミ板を切り出せば、強度も上がり納まりも良い感じです
テールランプがカウルから少し出た感じにしたかったんですよね〜
DSCN9380.JPG

これで殆どの作業が終了です・・・
後は細かいパーツを追加してタイヤを交換するだけって感じです

posted by コットン at 21:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

ゼファー400マフラーとメーター回り塗装取り付け

今回はゼファー400のマフラーを磨いて、メーター回りの塗装
そして取り付けです・・・ライトステーやメーターカバーなど
色々な箇所が錆びて見た目も悪いです^^

メーターカバーは黒にシルバーラメを吹き付けて塗装しました
ライトステーは黒色の物に変更・・それに合わせてミラーやウインカーも
黒色にして、一体感を持たせようかと^^

マフラーは規制前のRPMです・・これは良い音がします
アイドリング時は比較的静かなのも良いですね〜
高速走行では高音域が何とも言えぬ音がします
お気に入りのマフラーなので、コチラもバフ研磨で
優しく錆を落として、見た目も良くなりました!

これが問題のメーターカバー・・・メッキが死んでます
DSCN8680.JPG

ライトステーも見るも無残^^
DSCN8686.JPG

取り外しは比較的簡単ですが、画像を撮っておくと組む時に役立ちます
DSCN8689.JPG

ヘッドライトリムも塗装してみました
DSCN8693.JPG

塗装にはハンガーラックがあると便利です
DSCN8797.JPG

黒を塗って乾かないうちにシルバーラメを吹き付けます
DSCN8802.JPG

ヘッドライトリムはシルバに近い色合いです
DSCN8803.JPG

コチラもウレタンクリアーを厚塗りして装着
DSCN9391.JPG

ん〜〜〜悪くないけど・・・もう少し何とかしようかな・・・
そしてマフラーも汚れてますね・・
DSCN8708.JPG

メッキなのでバフ掛けして輝かせると言うよりは中目の研磨剤で
錆や汚れを落とすイメージですかね!
DSCN8709.JPG

エキパイが綺麗になるとバイクもビシっとしますからね〜
DSCN8710.JPG

エキパイを磨くのは手持ちで、グラインダーって感じなので
かなり握力が消費します・・
DSCN9284.JPG

そしてガスケット類を新品にして装着!
DSCN9286.JPG

良い感じに輝きを取り戻しましたね〜
DSCN9287.JPG

サイレンサー部分はアルミなのでバフ掛けして磨けますが
貴重な耐熱ステッカーを貼ったままで行ったので
少し大変でした^^最終的にはメタルコンパウンドで仕上げました
DSCN9290.JPG

良い感じです・・クラッチカバーは、もう少し磨く必要がありますね〜
DSCN9292.JPG



posted by コットン at 20:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

ゼファー400フロントホイール塗装とフロントフォークバフ掛け

今回はゼファー400のフロント周りをメンテナンスです
先ずはフロントフォークのバフ掛け^^
年式を考えると仕方ない部分もありますが、あまりにも
腐食が酷く見た目が悪いので、下地処理も大変でした・・・

そしてホイール塗装・・コチラはリアよりも外すも簡単です
リム部分のバフ掛けをして塗装してブレーキディスクローターの
好感です^^今回のパーツで1番金額が張ったのがブレーキディスクローターです
1度交換すれば、もう交換する事はないような部品なので
リアと合わせてウェーブタイプを頑張って購入しました^^

先ずはフロントタイヤを外します
この時の為にジャッキタイプのスタンドを購入しました
DSCN9210.JPG

リアとは違って簡単に外せますよ
DSCN9218.JPG

そして問題のフロントフォーク
DSCN9243.JPG

これだと色々とパーツを交換しても見栄えが悪いですよね
DSCN9244.JPG

下地作りは耐水ペーパーで・・・
DSCN9279.JPG

右側がバフ掛け中^^ こんなに違いが出ます
DSCN9281.JPG

良い感じに輝きました!
DSCN9282.JPG

コチラはブレーキディスクローターを外します
DSCN9220.JPG

そしてリム部分のバフ掛け
DSCN9233.JPG

リアと比べるとリムの深みがあり研磨しづらいですね^^
DSCN9238.JPG

でも何とか見れる状態まで来ました
DSCN9239.JPG

そして塗装はサフェーサーから
DSCN9246.JPG

この色合いは仲間内でも評判良いです
DSCN9253.JPG

そしてブレーキディスクローターを装着
DSCN9255.JPG

何とか足回りは形になってきたので、次回が楽しみです
もうそろそろ完成かな〜〜


posted by コットン at 19:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

ゼファー400塗装!

今回はゼファー400の塗装です!
前回のデザインと少しだけ変更を行ってます・・・
キャンディーレッドのラインで色の発色を良くして
エンブレムも貼り付けるタイプから色抜き塗装に変更!

サイドカバーは前回と同じ色なので、今回はエンブレムを剥がすと
勿体ないので、そのまま磨くだけに^^フェンダーやらタンクやら
色々とデザインを考える時間も楽しいもんです!

先ずは前回の塗装をパーパーで削ります
DSCN8755.JPG

色々な道具やスプレー缶を用意します
DSCN8795.JPG

脱脂を行ってからサフェーサーを塗装
DSCN8798.JPG

サフェーサーが乾いたら、キャンディーカラーの下塗り
粗目のシルバー塗料です!
DSCN8801.JPG

この段階でラッカークリアーを吹いています
DSCN8804.JPG

ここで下塗りのシルバーを残すように、エンブレムとラインをマスキングして
ベースカラーになるメタリックブラックを塗装!
DSCN8823.JPG

フェンダーやリアカウルも塗装です・・この段階でも綺麗ですね
DSCN8824.JPG

そしてマスキングを剥がすとエンブレムとシルバーのラインが完成!
DSCN8827.JPG

カワサキのエンブレムも古い感じで仕上げました
DSCN8829.JPG

次にキャンディーレッドを塗装の為に、またマスキングします
DSCN8830.JPG

何度か塗り重ねると色合いが濃くなるので、好みで調整
DSCN8833.JPG

この段階で3回塗り
DSCN8836.JPG

発色が良くて綺麗に仕上がります
DSCN8838.JPG

そして乾燥したら、マスキングを剥がします
DSCN8840.JPG

今回の全体像が見えて来ました!
DSCN9247.JPG

タンクはカバーなので簡単です
DSCN9248.JPG

フェンダーもラインを追加してみました
DSCN9249.JPG

乾燥してから、ウレタンクリアーを厚塗りしてます
ココは高価ですが、ラッカークリアーではダメです・・・
ウレタンで塗る事で艶が出て、仕上がりに大きな差が出ます
DSCN9271.JPG

乾燥したら2000番の耐水ペーパーで砥ぎます
DSCN9272.JPG

そしてコンパウンドで磨く・磨く・磨く!
DSCN9273.JPG

最初は3500番〜7500番〜9800番って感じです
DSCN9274.JPG

最後にワックス仕上げで完成!
DSCN9277.JPG

今回はメーター回りやヘッドライトリム・・ホイールやら
キャリパーも塗装したので、装着が愉しみですね^^
posted by コットン at 20:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ゼファー400 リア周り組み付け

今回はやっとリア周りを組む事が出来ました!
色々なパーツをバフ掛けしてから組んだので
今までの何処か古びた感じがリフレッシュされて
良い雰囲気なったように思います^^

先ずはリアタイヤを組みますが、1人だちシャフトが
入りづらくて、ちょっと面倒ですね〜
DSCN9198.JPG

キャリパーアームもホイール同色で塗装しました
DSCN9193.JPG

キャリパーサポートもバフ掛けして輝きを取り戻しました
DSCN9199.JPG

ブレーキホースは500oです
自分の好みでメッシュタイプをチョイス!
DSCN9200.JPG

ブレーキのエアー抜きを行ってリア周りは完成!
DSCN9203.JPG

以前と比べると、もの凄い差だと思います
そしてクラッチカバーも組み付けて、次回は塗装とフロントフォーク
のバフ掛けですかね〜〜!
DSCN8847.JPG

posted by コットン at 20:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ゼファー400 リアサス交換 リアホイール塗装

今回はリアホイールの塗装とバフ掛け・・ついでに古くなった
サスペンションを交換しました!
今までとは雰囲気を変更しようと赤黒にしたら
何となくバイクがキリっとしました^^

リアホイールの方は色々と考えましたが
リム部分をバフ掛けして、ホイール部分を塗装する事に
色合いもゴールドも悩みましたが、アルミカラーなる
塗料で塗ってみました^^

リアホイールを外すにはバイクスタンドが必要です
レーシングタイプとジャッキタイプどちらを購入するか
色々と調べましたが、フロントも外すのでジャッキタイプの
方が使い勝手が良さそうなので購入です

DSCN8776.JPG

リアタイヤを外すのは、結構な力が必要なんです・・
パイプなどあると、上手く緩んで外すのも楽です
DSCN8779.JPG

ブレーキディスクローターを外します
DSCN8786.JPG

先ずはリム部分のバフ掛け^^輝きました!
DSCN8814.JPG

この程度なら自分は納得かな
DSCN8818.JPG

次はサフェーサーを塗装! マスキングが面倒ですが
塗装するのは結果がすぐに出て楽しいです
DSCN8822.JPG

上塗りはアルミカラー^^ブロンズ?
DSCN8831.JPG

最終的はウレタンクリアーを厚塗りして完成!
DSCN9118.JPG

色合いも派手さを抑えて良い雰囲気です
ブレーキディスクローターも交換^^ 軽いウェーブタイプ
DSCN9120.JPG

そして赤黒のサスペンション
DSCN9194.JPG

バイクの塗装の色合いと合わせて購入!
この状態からだと簡単に交換が出来ますね〜
DSCN9196.JPG

次回はリア周りの組み付けです

posted by コットン at 18:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

ゼファー400 クラッチカバーバフ掛け ジェネレーターカバー塗装

今回はクラッチカバーのバフ掛けとジェネレーターカバーの
塗装を行いました! ジェネレーターカバーは熱を持つので
耐熱スプレーでの塗装です・・しかしデザインが複雑なので
マスキングテープとラインテープで塗りたくない箇所を
根気よくマスキングする必要があります・・・

そしてもともと中古のカバーでガリ傷があったので
耐水ペーパーでリペアした後の塗装です・・・
クラッチカバーは腐食が激しく、コチラも時間が掛かりました

クラッチカバー・・一切の輝きを失っています
DSCN8734.JPG

カバーを外すとクラッチ版カバーが見えますね〜
DSCN8737.JPG

そもそも何で輝きがないかと言うと購入当時に
何も知識がなく耐水ペーパーで処理したのが間違いです
DSCN8738.JPG

今回もグラインダーとミニルーターを駆使してバフ掛けします
DSCN8819.JPG

バフ掛けする前と比べると別物ですね〜
DSCN8842.JPG

取り付けるには新しいガスケットが必要ですよ〜
そしてジェネレーターカバー・・外すとこんな感じ
配線が3本あるので印を付けて接続を間違わないようにします

DSCN8741.JPG

このマスキングは大変でしたが、耐熱スプレーで塗ったら
本当に良い感じに仕上がりました^^
DSCN8800.JPG

そしてセットしたら、こんな感じです^^
ガリ傷も目立たないし、これなら問題ない範囲だと思います
DSCN8806.JPG

次回はリアホイールのバフ掛けと塗装ですかね〜




posted by コットン at 20:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ゼファー400 スイングアームとスポロケットカバー バフ掛け

今回はスイングアームとスポロケットカバーのバフ掛けです
それとフロントのスポロケットを16丁から15丁に交換
ちょっと加速重視に変更してみました!!

スポロケットカバーはチェーンオイルや泥で内側が
見る無残な事になっていました^^基本は洗浄して組み直しですね〜
ついでにチェーンも洗浄して綺麗サッパリです!

先ずはリアタイヤを外します
DSCN8809.JPG

キャリパーサポートもバフ掛けしちゃいますか
DSCN8810.JPG

この塗装を剥がすのに自分の使ってる剥離剤では太刀打ちできずに
ひたすら耐水ペーパーなどで下地を作る事になります
DSCN8812.JPG

本来なら外して行えば楽なのですが、上手く外れず断念^^
DSCN8813.JPG

それでも耐水ペーパーの番手を上げ、仕上げにバフ掛けを行って
何とか見れる状態まで来ました!
DSCN9125.JPG

本当ならもう少し鏡面まで行いたい所ですが、難しいんですよね〜
DSCN9129.JPG

今回はこの程度でOKとします・・・
次回はもっと輝かせたいですけどね!
DSCN9134.JPG

次はスポロケットカバー・・かなり腐食しています
DSCN8717.JPG

コチラは簡単に外れるのですが、形が形なので
固定しても、バフ掛けがやりづらいです・・・
DSCN8743.JPG

それでも何とか形になったのでOKですかね〜
DSCN8744.JPG

そしてカバーを外したのでスポロケットも交換!
DSCN8782.JPG

洗浄がメインな作業になりましたが、上手く交換出来ました!
DSCN8784.JPG

そしてカバーを付けて完了!そこそこ輝いてますが
ちょっと物足りない^^ 後でメタルコンパウンドで仕上げます
DSCN8807.JPG


posted by コットン at 20:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

ゼファー400整備 エアーフィルター リアキャリパー

自分のゼファー400も購入してから8年が経過しました
その間はオイル交換やブレーキ調整程度を車検の時にする程度で
各部の部品にも劣化や錆が目立つようになり、今回は思い切って
自分で整備しようと色々とパーツを集め、チャレンジしてます

今回は、取り敢えずエアーフィルターの交換と
オイルエレメント交換、それとブレーキキャリパーの
オーバーホールを行ってみました!

エアーフィルターも年に何回か行くツーリングや
たまに通勤に乗る程度でも8年経てば凄い汚れです
DSCN8739.JPG

オイルは交換してますが、汚れてますね〜
DSCN8731.JPG

エレメント交換は大切です
DSCN8732.JPG

こんな感じにセットしてエンジンにセットします
DSCN8733.JPG

その後にオイルを入れますが今回はクラッチカバーをバフ掛けしてるので
それが終わってから注入ですね!
他にも整備箇所が満載ですからね〜リアのキャリパーオーバーホール
先ずは取り外します!
DSCN8742.JPG

外したキャリパーを分解洗浄!
DSCN8770.JPG

本体は塗装するので、剝離剤で綺麗にします
DSCN8771.JPG

刷毛で塗ったそばから塗装が浮いてきます
DSCN8772.JPG

その他の部品も洗浄や磨きを行ってます
DSCN8773.JPG

シール関係は交換すると良いですね
その際にはシリコングリースを塗ってやります
DSCN9153.JPG

ブーツにはモリブデングリースを入れて組み込んで行きます
DSCN9154.JPG

塗装を綺麗に仕上がり良い感じです
DSCN9158.JPG

そんなに熱を持たない箇所なのでアルミカラーでOK
DSCN9159.JPG

この色合いは金色だと派手かな?って方にはお勧めですね〜
DSCN9161.JPG

今回のアップはココまで・・・
8年頑張ったゼファー400を綺麗にしてあげるには
かなりの時間も必要なんです^^

posted by コットン at 11:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ゼファー400★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

ポッドジュニアストーブ分解清掃!

今回はスウェーデン製のポッドジュニアストーブです
縁合って我が家に辿り着いたストーブですが
前オーナーさんがマイカと芯を新品に交換していた為に
新たに使用する部品もなく、状態も悪くありませんでしたが
自分の手元に来たからには、分解清掃しちゃいます!

このストーブはジュニアと製品名に付くように
かなりコンパクトなストーブです・・・
あまり大きな部屋での使用は向きませんが
置いてあるだけで良い雰囲気になりますよ〜

先ずは分解して、各部を磨きます
DSCN9162.JPG

チムニーには本当に小さいので手の大きい自分には
メンテナンス作業がしづらいですね^^
DSCN9165.JPG

ギャラリ部分の磨きは基本です
DSCN9168.JPG

マイカは新品の状態^^
ネジは破損していたので、現行のネジを入れました
DSCN9166.JPG

アラジンとは違って内側からセットする感じです
DSCN9167.JPG

タンクも可愛らしいサイズ^^燃料も2リットル程度入るかな?
DSCN9169.JPG

バーナーバスケットも綺麗に磨くと燃焼に差が出ます
DSCN9170.JPG

芯は極細^^ このサイズは特殊ですよね
DSCN9171.JPG

芯カッターで上を揃えると綺麗に燃焼します
DSCN9172.JPG

スプレッダもこのサイズですからね〜
DSCN9173.JPG

ちょこんって乗せます
DSCN9175.JPG

セットしたチムニーをバーナーバスケットの溝に
合わせてセット後に少し回転させてロックします
DSCN9176.JPG

燃料ゲージはコルクで見た目は白で見やすいです
DSCN9177.JPG

本体はこんな感じです
DSCN9179.JPG

そこにセットした燃焼部分を置く感じ
DSCN9180.JPG

全面に取っ手付きのカバー! 上からスライドさせてロック
DSCN9181.JPG

サイド
DSCN9182.JPG

バック
DSCN9183.JPG

サイド
DSCN9184.JPG

トップ
DSCN9185.JPG

綺麗なブルーフレームが出ています
DSCN9190.JPG

燃焼方法は、チムニー部分を外した状態で
芯を出して点火後に素早く、チムニーをセット
その後に本体にセットの手順です
DSCN9191.JPG

カバーのスリットからブルーフレームが
チラリと見えるのも可愛いですね〜〜



posted by コットン at 23:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | ★ストーブマニア★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする